債権回収で弁護士依頼

債権回収のとき、弁護士にお願いすることもあります。そのようなとき、何か注意をしなければならないことがあるのでしょうか。トラブル解消のために、弁護士依頼も正しい選択かもしれませんが、裁判で勝ったものの、または和解したというものの、相手が一銭も支払いしないというケースがあります。しかし、依頼者は、弁護士に対して、成功報酬金の支払いをしなければならないことになります。弁護士費用では、このような問題も起こってしまうようです。

裁判で債権300万円が認められ相手は支払うと約束するとしたら、相手がいつになっても支払いをしてくれないとしても、弁護士から、例えば、300万円の16%の48万円の請求が来ます。依頼した人たちは、一円も回収したという訳では実際にないというのに、なぜ、弁護士費用の支払いをしなければならないかという疑問が当然起こって来ます。依頼者は、弁護士の請求に従い支払いはしなければなりません。しかし、依頼した人たちに、弁護士は、あらかじめそのような説明を判るようにする必要があります。

もしも、そのような説明も全然ないままに、ただ一円の回収出来ないのに請求されるというケースがあれば、一度弁護士よりも上の立場にある、弁護士会などに相談してみることをおすすめします。実際に、裁判を起こして勝ったとしても、費用倒れになってしまうケースは、頻繁に起こることです。そのようなケースも自覚して裁判をしなければならないものです。