経験のある弁護士

債権回収で弁護士に依頼したというとき、債権回収に実際に成功出来たものの、弁護士費用を支払いして、消えてしまったというケースも起こります。債権回収ができない場合、成功報酬金は支払う必要がないという弁護士がおり、そこに300万円の債権回収の依頼をしたとして、弁護士は、債務者と交渉をして、50万円ずつ6回の分割払いということになります。

一回目の支払があり、成功報酬が成立して、成功報酬金300万円の16%である48万円が引かれ、2万円だけが口座に振り込みされることになります。別にここまでの問題は、依頼した人たが納得していることです。しかし、問題はここからであり、分割なので、2回目に支払いがあるか判らない状態です。結局、成功報酬金を支払いする羽目になったものの、依頼した人が回収出来たのは、2万円オンリーということになります。

しかし、このような問題はひょっとしたらどうしようもない問題かもしれません。ただし、債権回収に強い弁護士がいれば、いろいろとこのような問題に対して、ノウハウを持ち対処してくれることでしょう。弁護士にもいろいろあり、債権の回収に強い弁護士、経験を多く積んだ弁護士がいます。依頼するとき、そのような弁護士に相談するべきではないでしょうか。

言葉の意味の誤解

弁護士にもいろいろあり、良くない弁護士も世には存在しています。依頼人たちが、債権回収を実際に出来なければ、成功報酬金はゼロという弁護士もいるようです。顧問契約という場合も、そのようなケースにあたり、 回収できてもできなくても毎月顧問料などの名目で費用を支払いするシステムになっています。このような場合、債権回収出来ないで、成功報酬金はゼロと言われても、別の費用がかかっているということも注意が必要です。

更に、成功報酬は獲得できた金額の16%と書かれている場合があります。成功報酬は獲得できた金額の16%という言葉の意味をどのように解釈するでしょうか。依頼する人たちは、獲得出来たという意味を、回収出来たと解釈するケースが多いのではないでしょうか。しかし、ここで注意をしなければならないのは、弁護士の使用する言葉として、獲得は、回収ではありません。裁判で300万円の支払い命令が出れば、それを獲得と解釈することが出来てしまうのです。

このような誤解によって、やっぱり依頼した人たちは、債権回収が一円も出来てないというのに、弁護士費用が来てしまうという事態が起こってしまうことになります。そのような弁護士が悪徳弁護士とは言わないですが、言葉足らずの良くない弁護士と考えることも出来ます。更に言えば弁護士に依頼するとき、言葉の意味もある程度は理解度を高める必要があるのではないでしょうか。

債権回収で弁護士依頼

債権回収のとき、弁護士にお願いすることもあります。そのようなとき、何か注意をしなければならないことがあるのでしょうか。トラブル解消のために、弁護士依頼も正しい選択かもしれませんが、裁判で勝ったものの、または和解したというものの、相手が一銭も支払いしないというケースがあります。しかし、依頼者は、弁護士に対して、成功報酬金の支払いをしなければならないことになります。弁護士費用では、このような問題も起こってしまうようです。

裁判で債権300万円が認められ相手は支払うと約束するとしたら、相手がいつになっても支払いをしてくれないとしても、弁護士から、例えば、300万円の16%の48万円の請求が来ます。依頼した人たちは、一円も回収したという訳では実際にないというのに、なぜ、弁護士費用の支払いをしなければならないかという疑問が当然起こって来ます。依頼者は、弁護士の請求に従い支払いはしなければなりません。しかし、依頼した人たちに、弁護士は、あらかじめそのような説明を判るようにする必要があります。

もしも、そのような説明も全然ないままに、ただ一円の回収出来ないのに請求されるというケースがあれば、一度弁護士よりも上の立場にある、弁護士会などに相談してみることをおすすめします。実際に、裁判を起こして勝ったとしても、費用倒れになってしまうケースは、頻繁に起こることです。そのようなケースも自覚して裁判をしなければならないものです。